遂に7月、いよいよライブまで20日を切ってきた。思い返せば20周年を記念してGITANEとしてライブをやってみようと思い立ってから今日まで本当にあっという間の日々だった。

メンバー同士の意思確認から始まりランカウイ日記、会場の選定やスタッフの人選、スケジュール調整とランカウイ日記。4月頭の情報解禁に合わせる形でWebニュースの配信とランカウイ日記、そしてオフィシャルホームページやSNSの開設などのWebプロモーション全般とランカウイ日記。オフィシャルグッズのデザインとランカウイ日記。ファンの皆さんからのアンケート募集とランカウイ日記と。

とにかくここまでの数ヶ月はランカウイ日記に忙殺されてなかなかミュージシャンモードに入るヒマが無かった。
だがそれももう終わりだ。俺は真の自分、本当の自分の姿に戻るのだ。
もう足かせになっていたランカウイとはお別れだ!さらばランカウイ日記。
ありがとう!!グッバイ!!

 

え? データ救出の続きは?

 

ったく、人がセンチメンタルなムードに酔いしれている時に嫌なことを言いますなぁあんたも。
そうですか。そうですよね。
このまま何事もなかったかのようにライブ当日を迎えようと思ってましたが、どうやらそれは無理なようです。
では続き参りましょう!

 

データ救出専門業者に断られたあと、俺は友人の刑事(デカ)の言葉をヒントに
全ての問題の根源にこそ活路があると気付いた。
なんでこんな大変な問題になっているんだ?→HDDが立ち上がらなくなってしまったから
→なんで立ち上がらなくなったんだ?→HDDがリコール対象になっていた欠陥品だったから
→そのHDDを作った奴に文句を言うしかないだろう
→富士通でござーる。

見事だ。一分の隙もない、完璧だ。
この流れを見る限りこちらには全く落ち度もない。裁判でも勝てる!(やるんかい!)
よし!そしたらクレーマークレーマーよろしくサポートセンターに問い合わせしちゃうわよ!

 

 

ご担当者様
お世話になります、御社関連会社より以前発売されその後リコール騒ぎに発展したMPG3409ATというHDDのデータ救出を希望しています。
このHDDは他社製の外付けに格納されていたものですが、数年ぶりに起動させようと思ったら全く認識されなくなっていたのでケースからHDD自体を取り出した所、モーターが回っていませんでした。この時点で色々と
ーーーーーーーーーーーーーーーーー中略ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

救出の可能性があるのであれば、一度検証していただこうと思うのですがいかがでしょう。
御社であれば交換用パーツの在庫や修復のための情報をお持ちでないかと期待してのご相談です。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

これは俺がサポートセンターに実際に送ったメールの抜粋だ。
メーカーであれば絶対に原因や回避策、そして修復するためのパーツを持っているはず。
俺は以前データ救出専門業者の友人に『どうやって救出するのか?』ということを聞いた事がある。
故障の原因は一つ一つ違うため一概には言えないが、例えば今回交換したような基盤の交換で直ったりHDDのディスク面を読み取る磁気ヘッドを交換したら直るという事もあるようだ。
いずれの場合も、これらのパーツは製造メーカー固有のもののため汎用品は使えない。
だから問題が起きたハードディスクと全く同じ型番のHDDを世界中から探してくるんだと
真顔で言っていた。

そんなもんなのか!!と当時は驚いた記憶があるが。
だがそうとなれば今回のような不具合は一般のデータ救出業者に委ねるよりも
HDD自体を作った会社に直接問い合わせるのが正しいという事になる。(最初からやれよ)

いける!絶対に!!こういう大きな会社はパーツを余分に取っておくもんだ。
ましてやリコールが起きたような製品なら尚更だろう。
フンフンフン ♪鼻歌すら出るほど気分は良くなった。希望があるって素晴らしい(笑)

東京公演まであと20日。
ご期待ください。

3 のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です