私は髭を剃るだけの為に床屋に行けるほど暮らしに余裕がないので
自宅で毎朝シェービングマイセルフしています!! (普通だろそれ!)

・・・いかん、また脱線だ。

Saving Myselfをシェービングマイセルフと最初に呼んだのはファーストアルバムがリリースされる前だったと記憶している。だからこのダジャレには一朝一夕じゃない深み、そう歴史があるのだ。(そんなのどうでもいいから早く始めろ)

 

イギリスから取り寄せたHDDからの復旧は失敗に終わった。
しかも二回。送料も含め7,000円ぐらいは損した事になる(ケチ)ったく腹立たしい。
国際郵便の為、注文してから届くのに7〜10日。
その間ずっと淡い期待を抱き、まるで夢見る少女のようだった自分の姿を思い出すと余計にイラっとした(笑)
だからあの時に言っただろう、基盤を移植して直るはずがないんだよ!(誰にキレてるんだよw)

いずれにしてもこれを以って一ヶ月弱に及ぶ基盤移植作戦は断念せざるを得なくなった。

そうなるとあとは何ができるか?
GITANEの代表曲の数々を皆さんの前で演奏する!!これをなんとしてでも実現しなければならない。
それなのに奪還作業の一つ一つが失敗に終わるたび、その選択肢はどんどんと少なくなってきていた。

 

 

基盤移植作戦が失敗に終わった夜、俺は夢の中で不思議な声を聞いた。
『地獄の沙汰も金次第・・・・結局は金。世の中金。金が全てを解決ですよ聡君。フォーホッホッホ』

 

サラリーマン口調だった。

わかったよ。こうなれば本意ではないが俺も覚悟を決めた。そう!いわゆるデータ救出専門業者に救出を委ねる事にしたのだ。
聞いた話ではこういう業者は救出費用に10万〜40万という大金がかかると言われているが、もはや背に腹は変えられない。海腹川瀬だ。
それに観に来てくれるファンの皆さんだってこの危機的な状況を説明すれば昔の曲をやらないよりはチケット代を値上げする事に賛同してくれるはずだ(そこで還元しようと目論んでんのかよ、この目論福造!)

早速、数ある中から比較的良心的という言われている業者を見つけてそこに連絡をする事にした。
その業者のHPには『業界ナンバーワン!低価格、復旧確率90パーセント』などという文字が踊っていた。
これはいけるでしょう!! 救出されてきたらどの曲から始めるかなぁ〜
フンフンフン ♪鼻歌すら出るほど気分は良くなった。希望があるって素晴らしい(笑)

もう大丈夫だ。絶対に。

 

次回予告
一人500円ぐらい負担してもらえればなんとかなるかなぁ とかいう無責任な皮算用をして
清水の舞台から飛び降りたサトシ。
果たして奇跡は起きるのか??次回をご期待ください。

1 のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です